住宅ローン借り換えの申し込みはどこにする?

住宅ローンを組む際はまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。

店舗にいく手間がないので非常に人気です。

店舗がないので色々な面で経費削減ができ、金利が低く設定できるのも特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方に大変人気の住宅ローンです。

自分の家が欲しいと思ったときほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。

銀行と名が付く所ならどこでも申請はできるのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。

そんな時は口コミサイトが役立ちます。

サイト上には、資金関係はもちろんのこと従業員の態度や店の雰囲気まで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるので良い契約を結びたいと思っている人にとって大変良い参考例になるかと思います。

憧れのマイホームの購入を検討されている方は多いと思います。

住宅ローン借り換えの条件についてご存知ですか?まず最も重要となるのは住宅ローン借り換えをする本人の収入です。

購入するには、まず住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。

ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、少なくとも数百万単位を考えておいた方が良いです。

住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。

契約終了には約3、4カ月かかる事が多いです。

参考:住宅ローン借り換え徹底研究!借換え手順や方法は?【損しないために!】

住宅ローンを選ぶ際に大切なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が簡単に行えることです。

なぜかというと繰上げ返済を早く進めれば進めるほど元本も利息も減っていきます。

結果として総支払額が少なくなったり、支払期間が短縮されます。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや返済可能額が一円以上からなのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけていただきたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

1度組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通る方が多いようですが転職して年収が下がっているなどといった場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時よりも物件の担保評価が中古物件扱いになるので予定していた金額を借り入れることができない場合もあります。

支払いが滞っている場合は審査が厳しくなります。

以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは利用できるの?」という内容です。

結論から言えば可能です。

しかし銀行側では年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため自動車ローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額に関係してきます。

当然ですが、自動車ローンを毎月ちゃんと返済していないとそもそもローンの借入はできないので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも引っかかるポイントです。

稀に、現在の自動車ローンを住宅ローンに組み込んで提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

夢のマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを組みます。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に行うのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを享受したいことを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法については各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って計算してみたら30万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してあまり得にならなかったということもあります。

様々なローンを検討する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かではないでしょうか。

金利の数字だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定の時よりも高くなってしまうなど支払額が想定以上になってしまうなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶ方が多くなると思います。

固定では、ローンの返済期間中は同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても心配ないという長所もあります。

他にその中間とも言える3年間、5年間などの固定期間選択制というものもあります。

住宅ローンを組んでいる方にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

結論としては可能です。

住宅ローン控除では10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付されます。

借り換え時にローン控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとFPの方も言っています。

ローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

ローン控除では1%の所得税が還付されることになるのでこのように様々な制度を利用してお得にローン返済しましょう。

今の借りているローンの金利よりも金利を低くするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換え時にはいくつか注意点があります。

まず注意するのは借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては毎月の返済額を抑えられることなどが挙げられますが基本的に金利が低くなっているのは変動型なので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

このように様々な面から総合的に考えるべきです。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先は保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えを行ったことがありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

ここではローンの借り換えの流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローン内容や状況を再確認することです。

銀行機関のサイトにある借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総額をシミュレーションしてみましょう。

シミュレーション後に行うのは借入銀行選びです。

金利だけでなく、保証料など自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合う銀行が見つかったら次は審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったらその中から条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローン借り換えを行うにあたり色々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士がやってくれますがその司法書士を選択権は基本的に申込者側にあるので金融機関次第では自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う多くの方は司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士にお願いすることも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断もありです。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

では、どんな時期に借り換えを行うと良いのでしょうか。

正直なところ、ベストな時期は誰にもわかりません。

答えとしてはベストな時期は誰にもわかりません。

そのため、借り換えの時期とよく言われているのが借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。