光インターネットの通信速度制限は?

ここのところ、光回線業者が高齢者の住む家を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約トラブルが多くなっています。
この事態を受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を定かにいたしました。
プロバイダの通信速度についてですが、たいていの方はインターネットを使った閲覧、データのダウンロードをしたりで主に使っていると思うので、どちらかと言えば下り速度の方が重要ではないかと思います。
ホームページをインターネットで閲覧するくらいならば、そこまでの速いスピードじゃなくても問題なく使っていくことが出来ます。
お使いのノートPCやタブレットをインターネット環境に接続するためのWi-Fiルーターにスマートフォンを利用することをテザリングといいます。
昨年スタートしたワイモバイルでは、、ソフトバンクと同じようにただでテザリングオプションを利用できるのです。
でも、使用時にはデータ通信の月間契約量を超えないよう、気をつける必要があるんです。
イーモバイルを使っていて意図しないうちに、ワイモバイルになってました。
でも、ワイモバイルの光に乗り換えてから、ソフトバンクのwifiスポットができる様になりました。
光から光に乗り換える主な理由は、現在より払っている月料金よりが安くなったり、キャンペーンがお得だったり、スマホの料金などとパックで割引になったりすることがあるからです。
使ってみて、ワイモバイルになった今の方がいい可能性があります。
電話をあまり使用せず、パソコン中心に使っている方にはイチ押しです。

光インターネットのひかり電話って?【IP電話・固定電話とどう違う?】