エスタを忘れたら?

エスタと言うアメリカの電子渡航認証システムをご存知ですか。
アメリカに旅行に行く時にはエスタによる申請が義務化されているのです。
エスタを忘れた場合にはどうすればよいのでしょうか。
また、乗れたとしても入国できずに戻ってこなければなりません。
エスタの申請は渡航の72時間前と決められていますが、最悪の場合は空港にある端末で申請することができます。
もちろん、そのために数日かかることを覚悟しておかなければなりません。
それから忘れてはならないのは、0歳の赤ちゃんでもエスタの申請が必要なことです。
また、個人で旅行手続きをしている場合にはエスタと言う制度があることを知らないケースもあります。
旅行会社のツアーの場合は事前に旅行会社の担当者から案内があるはずです。
海外旅行慣れしていると思っている人も要注意です。
エスタが施行されたのは2009年です。
それ以前はエスタがありませんでしたから、アメリカに行くのにエスタの申請がいることを知らないかもしれないのです。
手続きはすべてわかっていると思い込んでいると、大変な落とし穴が待っていることになります。