ETCカードは年会費無料で作れる?おすすめのクレジットカードは?

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどのお得な特典がつくカードもあるようです。

例を挙げると、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方はこのように給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚所持している方は管理が大変ですよね。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレジットカードでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という1つのサイトで過去の利用証明書発行や利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分を重視してカードを申し込みましたか?所持しているクレジットカード会社にそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費を気にして作った方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方がカードを作ったときにどういった面を見て作ったのかを調べてみました。

高速道路の利用頻度が少ない方は年会費や更新費用がかからないカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方は業務用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらいろいろな質問がありました。

それは「年会費無料のETCカードを利用して給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的にはできません。

「基本的に」と書いたのは、クレジット機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレジットカード一体型が多いようです。

クレジットカード一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でSAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も散見されます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではありません。

クレジットカードなどのように申し込みをして取得するものになります。

一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込み、同時にETCを申し込みしましょう。

この前、ネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、年会費無料のETCカードを使用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETCは無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを話して決済するカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひ年会費無料のETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

クレジットカード会社から発行しているクレジットカードタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレジットカードタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレジットカードタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、すでにクレジットカードを持っている場合は追加申し込みでほぼ無審査に近い状態なのに対しパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレジットカードを保有するのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんな方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安に補償金として事務局に預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、通常のETCカードよりも高額な年会費が必ず発生することです。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

割引額に関しても東京湾アクアラインではETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はweb上で追加発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

ということなんですまた、早めにクレジットカードを作るメリットとしてポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車で旅行したいと考えている方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレカを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを増やすことで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

ETCカードを持っていないから欲しい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレジットカードを所持していなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜキャッシュカード機能のみだと作れないかというとETCのゲートを通るときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと何らかの理由で偶然口座にお金がなかった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。

1、2年ほど前からキャンピングカーのレンタルサービスが人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に年会費無料のETCカードを使おうと思う方多いと思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うために登録情報として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」など4つの情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスムーズに料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら起動時にカード認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

悪用されにくいとはいえなるべくカードを使うときだけ入れて使わない時は抜く習慣をつけましょう。

車に乗る方は持っていると便利なETCカードを持っていると思います。

基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですが特典を見てサブクレジットカードを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうと思っている方向けに様々な面からどこの会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

車にあまり乗らなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高い楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

ここ数年でよくノマドワーカーという言葉を聞くことがあります。

中には独立して法人化を行い社長となる人も増えているそうです。

一見自由そうに見える個人事業主の方の多くが慣れない経理業務は面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は計上回数が多くなりがちでいちいち領収書を出して、保管して、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて引き落として経費参入しておきたいですよね。

高速道路料金支払い時に使っているETCカードの場合はどうしたらいいのでしょうか。

法人用のカードは基本的に作り方自体は個人用のカードと同じですが法人用のビジネスクレジットカードを申し込むのが一番シンプルな方法です。

しかし、クレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

参考:ETCカード年会費無料のおすすめ11選【2017年最新】